ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > フォトギャラリー 福島労働局 > 相馬労働基準監督署長は、大型商業施設の安全パトロールを行いました!
フォトギャラリー

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

働き方改革のページ


働き方・休み方改善ポータルサイト


女性の活躍・両立支援総合サイト


女性の活躍を推進(Positive Action)


プレゼンテーション1.jpg


プレゼンテーション1.jpg 


keyvisual_pc3.png


総合労働相談コーナーのご案内


福島復興局HPへ

相馬労働基準監督署長は、大型商業施設の安全パトロールを行いました!

 相馬労働基準監督署管内の休業4日以上の労働災害は、小売業と飲食店を合わせると全業種の1割程度を占めており、小売業では「転倒」災害が、、また、飲食業では「切れ、こすれ」災害が大半となっており、その防止対策が急務となっています。

 そのため、相馬労働基準監督署(署長 川又健一)は、平成29年11月8日、現在福島労働局において実施している「第12次労働災害防止計画」の災害減少目標を達成するための取組み『12次防目標達成・県下一斉集中運動』(10月~12月)の一環として、相馬市内にある大型商業施設(ショッピングタウンベガ)のテナントへの安全パトロールを実施するとともに、施設内の会議室において各テナントの責任者に対して、労働災害防止の要請を行いました。

 

 

(バックヤードのパトロールの状況)

 

スライド1.PNG

 左からイオン相馬店秋山智之店長、川又相馬労基署長

 

 

スライド2.PNG

各テナント責任者に労働災害防止を要請する川又相馬労基署長 

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 024-536-4603

 

福島労働局 〒960-8021 福島市霞町1-46 福島合同庁舎

Copyright(c)2000-2016 Fukushima Labour Bureau.All rights reserved.