経済産業省東北経済産業局長 からのメッセージ

「多様な人材、一人ひとりの能力を活かす“働き方改革”を」

 今、これまでの働き方にとらわれない、新しい職場づくりと人材活用に取り組む企業が、人手不足や生産性向上等の経営課題を克服し、経営上の成果につなげている事例が増えています。

 

 経済産業省では、働き手と企業が共に進める「働き方改革」を推進するとともに、「生産性の向上」と「産業競争力の強化」を実現するための取組を進めています。具体的には、平成28年7月に中小企業等経営強化法を施行し、人材育成や設備投資などによる生産性向上の促進や、中小企業・小規模事業者の取引条件の改善を通じた最低賃金の引き上げに向けた取組を強化しています。

 

 加えて、多様な人材を活かし、一人ひとりの能力が最大限発揮できる環境をつくり、企業のイノベーション、価値創造につなげる「ダイバーシティ企業経営」の施策普及を行っています。

 

 また、私ども東北経済産業局としても、ライフスタイルに合った働き方を尊重しつつ、職場全体の業務改善を進めておりますが、まさに、「言うは易く行うは難し」を実感しており、皆様と一緒になって、引き続き「働き方改革」を考え、実践してまいります。

 

 福島県は、東日本大震災及び原子力災害からの復旧・復興・再生の重要な局面が続きますが、この取組を支える人材確保・定着に向けて、働きやすい魅力ある職場環境の整備は重要な課題であり、私どももその一翼を担えるよう最善を尽くしてまいります。

 

 経済産業省東北経済産業局長 田川 和幸 

 

2016111215251.jpg

 

この記事に関するお問い合わせ先


   雇用環境・均等室 企画調整係 Tel : 024-536-2777

 

福島労働局 〒960-8021 福島市霞町1-46 福島合同庁舎

Copyright(c)2000-2016 Fukushima Labour Bureau.All rights reserved.