経済産業省東北経済産業局長 からのメッセージ

「多様な人材を活かし、魅力ある職場づくりを」

 近年、人口減少や少子高齢化という構造的な課題も背景となって、人手不足が深刻な問題となっています。とくに中小企業・小規模事業者にとって、人材確保を巡る状況はより一層厳しくなっております。

 

 このような状況の中、女性や高齢者など多様な働き手が最大限能力を発揮するよう、働き方改革や職場環境の整備を進めることで、企業の魅力を高め潜在労働力を掘り起こすことが重要です。また同時に、生産性の向上と産業競争力の強化にも、取り組んで行く必要があります。

 

 経済産業省といたしましても、女性や高齢者など多様な人材を活かし、一人ひとりの能力が最大限発揮できる環境をつくり、企業のイノベーション、価値創造につなげる「ダイバーシティ企業経営」の施策普及を行っているところです。

 

 また、平成28年7月に中小企業等経営強化法を施行し、人材育成や設備投資などによる生産性向上の促進や、中小企業・小規模事業者の取引条件の改善を通じた最低賃金の引き上げに向けた取組を強化しております。

 

 東北経済産業局といたしましても、魅力ある企業づくりに向け、企業の経営課題を明確化した上で、その課題解決に必要な首都圏等の人材との適切なマッチング環境の構築や、情報発信力向上にかかる支援を実施し、中小企業・小規模事業者の人材確保から定着にかかる取組を進めているところです。

 

 福島県は、東日本大震災および原子力災害により急激な人口減少に直面し、着実な復旧・復興・再生の重要な局面が続いている中、人材確保・定着は急務であり、魅力ある職場づくりは重要な課題です。私どもも関係機関と連携を深めつつ、最善を尽くし取組を進めて参ります。

 

 経済産業省東北経済産業局長 相樂 希

 

 IMG_2273.JPG 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先


   雇用環境・均等室 企画調整係 Tel : 024-536-2777

 

福島労働局 〒960-8021 福島市霞町1-46 福島合同庁舎

Copyright(c)2000-2016 Fukushima Labour Bureau.All rights reserved.