『魅力ある職場づくり』に関する支援メニュー

雇用安定事業による各種助成金

① 労働者の処遇改善を図る中小企業事業主の方への助成金 

業務改善助成金

支給額

事業場内において最も低い賃金を一定額(30円、40円、60円、90円、120円)以上引き上げ、賃金引上げを行うために業務改善(生産性向上)を目的として設備・機器の導入、就業規則の制定、外部専門家によるコンサルティング、研修・教育訓練等を行った場合に支給。

(a)引上げ額が60円以上の場合

業務改善経費の1/2~3/4 上限100万円

(b)引上げ額が60円以上以外の場合

業務改善経費の7/10~4/5

上限は引上げ額に応じ50万~200万円

職場意識改善助成金

支給額

職場環境改善

コース

年次有給休暇の年間平均取得日数を4日以上増加させ、月間平均所定外労働時間数を5時間以上削減させた場合に支給。

成果目標の達成状況に応じて助成率を決定

取組費用の1/2~3/4 上限67万円~100万円

所定労働時間短縮コース

商業、映画・演劇業、保健衛生業、接客娯楽業の事業規模10人未満の中小企業が、週所定労働時間を2時間以上短縮して、40時間以下とした場合に支給。

取組費用の3/4  上限50万円

時間外労働上限設定コース

限度基準を超える時間数で36協定を締結している中小企業が、限度基準以下の上限設定を行った場合に支給。

取組費用の3/4  上限50万円

テレワーク

コース

終日、在宅またはサテライトオフィスにおいて就業するテレワークに取り組む中小企業に対して支給。

目標達成状況に応じて補助率を決定

対象経費の 合計額 × 補助率(上限額有り)

 対象労働者1人当たりの上限額 

                                  10万円~15万円

 1企業当たりの上限額 100万円~150万円 

new022_12.gif

勤務間

インターバル

導入コース

 

労働時間等の設定の改善を図り、過重労働の防止及び長時間労働の抑制に向け勤務間インターバルの導入に取り組んだ中小企業に対して支給。  取組費用の3/4  上限20万円~50万円

 

② 仕事と家庭の両立支援等に取り組む事業主の方への助成金の概要

 

出生時両立支援助成金

支給額

男性労働者が育児休業を取得しやすい職場風土作りのための取組を行い、男性労働者に一定期間の連続した育児休業を取得させた事業主に支給。

1人目取得時 大企業30万円、中小企業60万円

翌年度以降2人目以降取得時 15万円

※一年度につき1企業1人まで

介護離職防止支援助成金

支給額

仕事と介護の両立支援のため、アンケートによる実態把握、介護休暇等の制度に関する研修、相談窓口の設置等の体制整備等を行い、実際に一定期間の介護休業や介護制度(所定外労働の制限、時差出勤、深夜業の制限)を利用した労働者が生じた場合に支給。

介護休業   40万円(中小企業は60万円)

介護制度   20万円(中小企業は30万円)

※介護休業、介護制度ともにそれぞれ1企業2人まで(期間雇用者・無期雇用者各1人)

中小企業両立支援助成金

支給額

代替要員確保

コース

育児休業取得者の代替要員を確保し、休業取得者を原職等に復帰させ、6か月以上雇用した中小企業事業主に支給。

対象労働者1人当たり       50万円

※期間雇用者の場合       10万円加算

※期間雇用者が無期雇用で復職時 10万円加算

育休復帰支援

プランコース

「育休復帰支援プラン」を策定及び導入し、対象労働者が育児休業を取得した場合及び原職等に復帰した場合に中小企業事業主に支給。

1回目:プラン策定し、育休取得時  30万円

2回目:育休者の職場復職時      30万円

※1企業2人まで(期間雇用者・無期雇用者各1人)

 

 

③ 女性の活躍推進に取り組む事業主の方への助成金の概要

 

女性活躍加速化助成金

支給額

女性活躍推進法に基づき、自社の女性の活躍に関する「数値目標」、数値目標の達成に向けた「取組目標」を盛り込んだ「行動計画」を策定し、行動計画に沿った取組を実施して「取組目標」を達成した事業主及び「数値目標」を達成した事業主に支給。

取組目標を達成時:加速化Aコース  30万円

(300人以下企業のみ)

数値目標を達成時:加速化Nコース  30万円

※各コースとも1企業1回限り

 

  

 ④ キャリアアップ助成金

 有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者(正社員待遇を受けていない無期雇用労働者を含む。以下「有期契約労働者等」という)の企業内でのキャリアアップ等を促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して助成をするものです。

 本助成金は次の6つのコースに分けられます。

  • I 有期契約労働者等の正規雇用等への転換等を助成する「正規雇用等転換コース」
  • II 有期契約労働者等に対する職業訓練を助成する「人材育成コース」
  • III 有期契約労働者等の賃金テーブルの改善を助成する「処遇改善コース」
  • IV 有期契約労働者等に対する健康診断制度の導入を助成する「健康管理コース」
  • V 労働者の短時間正社員への転換や新規雇入れを助成する「短時間正社員コース」
  • VI 短時間労働者の週所定労働時間を社会保険加入ができるよう延長することを助成する「短時間労働者の週所定労働時間延長コース」

これらの助成金の詳細はこちら(厚生労働省HPへ)

 ・業務改善助成金 ※H28年度の申請受付は終了しました。

 ・職場意識改善助成金(職場環境改善コース)※H28年度の申請受付は終了しました。

 ・    〃    (所定労働時間短縮コース)※H28年度の申請受付は終了しました。

 ・    〃    (時間外労働上限設定コース))※H28年度の申請受付は終了しました

 ・    〃    (テレワークコース)※H28年度の申請受付は終了しました。

 ・    〃    (勤務間インターバル導入コース 新設!new022_12.gif

 ・出生時両立支援助成金 (パンフレット厚生労働省HP)

 ・中小企業両立支援助成金(  〃   ・  〃   )

 ・女性活躍加速化助成金 (  〃   ・  〃   )

 ・介護離職防止支援助成金(パンフレット・  〃   )

 ・キャリアアップ助成金 (パンフレット厚生労働省HP

    キャリアアップ助成金のお問い合わせは→ 各公共職業安定所まで

 

この記事に関するお問い合わせ先


   雇用環境・均等室 企画調整係 Tel : 024-536-2777

 

福島労働局 〒960-8021 福島市霞町1-46 福島合同庁舎

Copyright(c)2000-2016 Fukushima Labour Bureau.All rights reserved.